カテゴリー
探索処 | Search

夢見る頃 に

夢見る頃 に

夢見る頃 に 、まだ精神が幼かった頃に

みつけた 夢 は、あまりにも儚く、脆く、危うくて……

そうして 夢 は 夢 のまま

叶わないもの と思い込まれて

胸の奥へと仕舞われてゆく

誰もがそうした 胸の奥に

仕舞われた 夢 を

いくつか持ち合わせている

そのうちの いくつかは 忘れ去られ

いくつかは 燻り

けれど もう一度それを 掘り起こそうとする人は少ない

燻ったままの 夢 は

あなたを 見つめている

真剣な眼差しで いつまた関心を向けてもらえるのか と

まるで 幼子 のように

忘れ去られた 夢 も

あなたを決して忘れない

もう二度と 振り向いてもらえない

そう理解しつつ

忘れはしない

夢見る頃 に

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください