Web 小説 を 読もう!

New Site icon .Novels.
New Site icon .Novels.

Web小説 を 読もう!

Web 小説 は ワールド ワイド ノベル

世界中どこからでも 日本語を読むことができ ネット環境につながりさえすれば いつでも読める WEB小説。 音楽も最近そうだけど そのうちサブスクリプション化されたら 悲しいね。 コミックの方はすでにそうなりつつあって、再びまた 気楽に多くの作品を 読むことができなくなりそうな気配は感じるのだけど、 WEB 小説に関しては そこのところ 上手く運営していってほしいなと思う。

とりわけ、才能ある作家さんは WEBにどんどん作品を公開するべきだ。 そうすることで 物語好きは もっともっと増えていくはずだ。 読者が増えていけば、 いい作品に お金を払いたいと思う 良質のファンも増える。 ファンが増えれば もっともっと 作家さん達が活躍できる場が 増えていくはず。

異世界⇔現実 行ったり来たり

異世界チートは限界を知らず、 この作品が 最高峰のチートだった時代は 過去のものになりつつはある。 だがしかし、 この作品の面白いところはそんなところではない。

一言で言えば、この作品は これまで 蔑まれて生きてきた人たちへの 応援歌である。 蔑みの根っこはそんなところか? そんなことで 虐げられてきたというのか? そんなものに振り回されて そんな価値観に貶められて 卑下してきて馬鹿を見たわ!と。

とかく価値観が定まらぬうちは 他人の価値観に左右されがちなもの。 身目麗しい 花になりたいと 願うばかりが良いとは限らない。 身目麗しいが故に被る災いから、守りたいと願う価値観もまた ひとつの価値観である。……なんのこっちゃ?

異世界でモフモフに囲まれて冒険

モフモフが出てくる作品の中で、 私はこの作品の連作が大好きである。 主人公が異世界転生前、ご高齢のお爺さんだったことも一因かもしれないが、妙にギラギラしたところがなく、透き通るように優しい。

とはいえ争いごとはどのようなところでも 起こるものであり、けれどこの主人公は 年の功とでもいうか、そうした起こりそうな災いを あらかじめ察して、 先に先にと手を打っていこうとする。 素晴らしい年の取り方だ。

この続編にあたる「魔法使いと愉快な仲間たち」も、おすすめだ。

こちらの二作品は いずれも、カクヨム にて 原作が公開されている。

Web小説を読もう!

作成者: @cocorozasi_net

I am Iron Man.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください