リビルドワールド

リビルドワールド

作者: 非公開

 命賭けで足を踏み入れた旧世界の遺跡で、少年は全裸でたたずむ奇妙な美女と出会った。

温故知新 の ハード な SF バイオレンス ストーリー

第1話 アキラとアルファ

 少年が広大な都市の廃墟はいきょの中を険しい表情で進んでいる。辺りには半壊したビルが建ち並んでいる。地面にはそのビルから崩れ落ちた瓦礫がれきが散らばっている。人気ひとけは無い。少年の足音も、足下の小石を蹴った音も、周囲の静寂に飲まれて消えていく。
 汚れで変色している唯ただの服と、整備状態の怪しい拳銃。それがここを探索している少年の装備だ。それは少年の境遇から考えれば正しく、この場の危険性から考えれば著しく間違っている。ここが旧世界の遺跡と呼ばれる場所だからだ。
 故障による暴走で目標を無差別に襲う自律兵器。既に死に絶えた制作者の命令に従って今も外敵を排除し続けている警備機械。野生化した生物兵器の末裔まつえい。過酷な環境で突然変異を繰り返している動植物。それらは生物や機械の区別無く、東部に住む人々からモンスターと呼ばれている。旧世界の遺跡はその危険なモンスター達の住み処かなのだ。
 少年もここが自分を殺すに足る非常に危険な場所だと知っている。表情の険しさがそれを示している。それでも自分の意思で、死の危険を覚悟して足を踏み入れたのは、その危険に見合うものがここにあるからだ。少なくとも、スラム街の子供という自身の安値の命よりは遥はるかに高額なものが。少年はそれを求めてここに来た。
 少年の名は、アキラといった。

リビルドワールド | 作者: 非公開 
おすすめポイント

 タイトルにまず、目を惹かれました。再構築される世界、要は文明崩壊直後の世界を描いているんだと……。どこか懐かしくもあり、けれど色々なシーンに、なじみ深い人間像が描かれていて笑ったり怒ったりと忙しい作品です。

 主人公のアキラは、この世界では底辺に位置する生まれです。まだ十代の少年が一人で生きていくには、あまりにもおぞましい世界。

 背景に見える、そうした世界を創りだしてしまったのは、傲慢で強欲な人間。どこまでも世界を食い荒らし、弱い者達を切り捨てているようです。

 そんな世界にあって、しかしアキラは決して諦めることなく、生きることを求め続けていきます。生きるために死地に飛び込む、そんな無理無茶無謀を画にかいたような刹那的な生を燃え上がらせて。

 登場人物たちも魅力的です。アキラのサポートをする謎の美女、同業のハンターたち、スラムの住人、ハンターギルドとそこの職員、都市部の上流に暮らす人々、旧都市を守るAI……。そして、旧領域接続者。

 かつての文明を崩壊させた人類が生きる世界。再構築しようとあがく人類に牙を剥くのは、崩壊前の世界の遺産。そこに生きるアキラと、彼を取り巻く種種雑多な人々の数々の物語。

 どれをとっても刺激的で、面白く、時に切なくもあり、時に怒りが沸き起こる、そんなふうにいろいろと空想が膨らむ作品です。


リビルドワールド
リビルドワールド | 作者: 非公開

カクヨム おすすめ !

%d bloggers like this: