家で無能と言われ続けた俺

家で無能と言われ続けた俺ですが、世界的には超有能だったようです | 作者: キミマロ
家で無能と言われ続けた俺ですが、世界的には超有能だったようです | 作者: キミマロ

小説家になろう おすすめ

家で無能と言われ続けた俺ですが、世界的には超有能だったようです

俺には五人の姉がいる。一人は信仰を集める聖女、一人は一騎当千の女騎士、一人は真理を求める賢者、一人は人々の魂震わす芸術家、一人は国をも動かす大商人。才知に優れ美貌にも恵まれた彼女たちは、誰からも愛される存在だったのだが――俺にだけ見せるその本性は最悪だった。無能な弟として、毎日のように姉たちから罵詈雑言の嵐を受け続けてきた俺。だがある日、とうとう我慢の限界を迎えてしまう。

「とにかく、俺はこの家を出るから。もう決めたんだ」

こうして家を出た俺は、辺境の都市で冒険者となった。こうして始めた新生活で気づく。あれ、俺ってもしかして超有能……!? 実力を評価され、どんどん出世を重ねていく俺。無能と呼ばれ続けた男の逆転劇が、いま始まった!

家で無能と言われ続けた俺ですが、世界的には超有能だったようです | 作者: キミマロ

一話 こうして俺は家を出た

作者さんの情報


家で無能と言われ続けた俺ですが、世界的には超有能だったようです | 作者: キミマロ
家で無能と言われ続けた俺ですが、世界的には超有能だったようです | 作者: キミマロ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。