かもめのジョナサンとリチャード・バックの軌跡

¥1,000

日本で、第3次佐藤内閣が発足し、喜劇王と呼ばれた榎本健一(エノケン)がこの世を去り、大阪万博(大阪万博)が開催された年に、リチャード・バックの「Jonathan Livingston Seagull — a story.」が出版された。それから二年ほど過ぎてアメリカはこのかもめに夢中になり、日本では暴走族という言葉が生まれた。初版から40年を経て、2010年になった頃に最終章である第四章が付け足され完全版として再出版された。それは作者であるリチャードが、最初に執筆した際に不要と切り捨てた章。しかし幾多の時代の変化を経て40年越しに再採択されて世に出ることになる。

それ以外にもおすすめは「One」。イリュージョンも世間的に人気が高いが、平行世界で命と世界の根源について語られていくこの物語は、読んだ人にさまざまな恩恵を与えてくれる。

商品カテゴリー:

説明

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください