3月は卒業祝いと娘と妻の15才誕生日

3月

卒業祝いと娘と妻の15才誕生日

娘へのプレゼント

 いよいよ高校生。身長も一気に伸びてどんどん大人になっていく子に、妻と相談して弁当箱を贈った。

「高校いったらお弁当は自分でつくるね!」そういう娘に、父はあんまり信用していないんだが心意気やよしと思うばかり。母はすっかり喜んでいるが、それでも自分でも作りたそうな様子がなんとも言えず見ていて微笑ましい。

 

「どんな弁当になるのかな。」弁当を食べる機会がなくなって久しい父は、寂しそうにポツリ。

「美味しい弁当に決まっているでしょ。」キッパリと言い切る娘に、母は笑い声で応える。

「でも、たまには購買でパンとかもいいな。」たまにならね。心配性な父はついそうつぶやくのであった。

妻へのプレゼント

 妻は、母として15歳になった。レベルが上がった。力が3増えた。知恵が12増えた。魔法を覚えた。

これを機会に、愛玩動物飼育管理士の資格を取るんだと頑張っている。

もともと動物好きで、飼育関係の仕事につきたかったという妻に、なのでペンケースを買いに行った。

 

消せるペンも。

 

コメント